×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

夜泣きってどんなこと?

「うちのこ夜泣きがひどくて困ってるのよ〜何かいい対策ないかなぁ」って寝不足気味のママの話をよく耳にします。夜中に泣く=夜泣きではありません。誤解されている方も多いかもしれませんが、生後3ヶ月くらいまでは母乳やミルクを欲しがって3時間置きに夜中でも泣きますよね。あと、寒かったり、暑かったりして気分が悪くて「イヤだな〜」って感じで泣いたり、これは夜泣きとは言わないのです。夜泣きとは、「原因がないのに号泣する」ことをいいます。昼間は元気に遊んでいて、食欲もあって、寝る前まで機嫌がよくてよく寝ているのに突然すごい勢いで泣き出します。経験すれば分かるのですが、「ママ寂しいよ〜」って感じの「ふぇーん・・・」というのは夜泣きではないです。原因がないと夜泣きの対策もなにも・・・という感じですが。実は夜泣きについての研究があまり進んでいないのでなぜ夜泣きがあるのかわからないのが現状なのです。一ついえることは、大変さは違ってもみんな同じように悩んでいるということです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

夜泣きの原因を探ろう

「もういいかげんゆっくり眠りたい〜!」ママの声は切実ですね。夜泣きの対策としてはお子さんがなぜ夜泣きをするのか原因を少しでも知りたいですよね。まず知っておいてほしいことは実際、夜泣きをしている子どもは泣いている間はそれほど苦しくないようです。ものすごい勢いで泣いているので「どこか痛いんじゃないか?苦しいのではないか?」っと思ってしまいがちですが。夜泣き自体はお子さんの体に悪影響なことは全くないので安心してください。辛いのはママだけなんですね。夜泣きの原因として考えられているのは、昼間のうちに不安な出来事があった時や引越しや旅行などで寝る環境が変わった時、昼間はしゃぎすぎてしまった時などは寝ている間に不安な状態になって夜泣きをしてしまうのではないかというのが一般的でしょう。つまり夜泣きをしやすい日というのはいつもと違う日が多いようです。うちのこはたまに昼寝の時間が夕方にずれたりすると夜泣きをしていました。

夜泣きの対策は?

赤ちゃんの夜泣きの対策はまず泣いている時は「安心」させてあげることが大切です。「ママはここだよ。大丈夫だよ。」優しく話しかけて抱いてあげましょう。「ほって置いてもいつか疲れて寝るわ〜」って無視するのはよくないといわれています。どうしても大泣きして泣き止まない時は、いつも聞かないようなオルゴールの音やおやすみ用のCDなどを聞かせて注意を引いて一度起こしてあげるといいです。大泣きが収まったらこっちのもの!もう一度優しく寝かしつけます。うちのこはどんなことをしてもダメだった時は夜中ドライブに出かけました。するとすぐにぐっすり夢の中。ドライブでなくても、寒くない時なら外の風にあたるだけでも泣き止んでくれたりします。色々試してみましょう!寝る前には服を着せすぎていないかチェックしましょう。どんなに夜泣きが続いても、いつかは必ず泣かなくなる日が来ます。思いつめずに、時にはパパにも協力してもらって乗り切りましょう。子どものために頑張ってることお子さんはちゃんと分かっていますよ!

スポンサード リンク

Copyright © 2008 夜泣きの対策はどうすればいい?